「岩盤動力学に関する研究小委員会」委員公募

岩盤動力学に関する研究小委員会(平成25年度)


 近年,岩石・不連続面の変形過程・破壊時の多重パラメータ応答の確認などは地震工学的な立場から地震動の特性・特徴を明確にすると同時に,岩盤力学の立場から人類の夢である地震を予知するための基本となる基礎的な研究が行われるとともに,地震動と地震断層の強制変位場を受ける地上・地下岩盤構造物の動的挙動とその動的安定性に関して基礎的な研究が進められてきています。また地震動に限らず、掘削に伴う発破振動が周辺岩盤と構造物に与える影響についても様々な研究が行われてきています.
 岩盤力学と岩盤工学の分野で特に地震と岩盤構造物に与えるその影響について動的問題として取り組むことが最も重要な課題です.本小委員会は,岩盤力学を中心として地震工学などの分野における知見も併せて,現状と,その問題点,解決すべき課題等を明らかにすることを目指します.

活動状況

平成25年度
・第1回委員会: 平成25年10月17日 土木学会役員会議室
・第2回委員会: 平成25年12月24日 土木学会C会議室(予定)

委員名簿

会務氏名所属
委員長藍檀 オメル琉球大学
委員伊藤 高敏東北大学
委員岩田 直樹中電技術コンサルタント(株)
委員上西 幸司東京大学
委員大塚 康範応用地質(株)
委員大西 有三関西大学
委員岡田 哲実(一財)電力中央研究所
委員亀村 勝美(公財)深田地質研究所
委員日下 敦(独)土木研究所
委員渡嘉敷 直彦元 琉球大学
委員仲摩 貴史(株)地震工学研究所
委員西村 強鳥取大学
委員馬 貴臣応用地質(株)
幹事清木 隆文宇都宮大学