「岩盤斜面研究小委員会(2016年~)」委員公募

「岩盤斜面研究小委員会(2016年~)」委員公募

 土木学会岩盤力学委員会では、以下の研究小委員会に参加いただける方を募集いたしますので、奮ってご応募いただくようご案内いたします。

委員会名称

岩盤斜面研究小委員会(2016年~)(委員長 緒方健治(中日本高速道路))

目的

 岩盤斜面や法面の崩落・落石は様々な要因が複雑に絡み合って発生するため,発生メカニズムを正確に把握するまでには至っておらず,発生の場所・時期・規模などを予測することは,未だに困難な状況である。
 本小委員会は,岩盤斜面に関する知見や研究成果を継続的にとりまとめて,社会や会員へ迅速に提供・発信できる体制を整え,将来的には岩盤斜面の安定性評価のガイドラインを提言することを目指して平成25年10月から活動を開始した。当初の研究テーマとして,①膨大な岩盤斜面の中から危険性の高い斜面を抽出する手法の確立,②抽出した斜面の安定性を評価する手法や技術の精度向上について取組み,文献の収集,既往の斜面抽出監視技術の整理,シミュレーション技術の特徴と適用範囲の整理などを行い,一定の成果を得ることができた。
 一方,平成24年12月の中央道笹子トンネル天井板落下事故以降,社会インフラの老朽化の問題や既設構造物の点検の重要性が指摘され,様々な取組みが行われてきている。また,異常降雨の増加や首都圏直下地震・東南海地震の懸念から、国民の防災意識も高まっている。斜面災害は一旦発生すると社会に大きな影響を与えることが多いことから,岩盤斜面においても点検及びメンテナンスを確実に行い,災害を未然に防ぎ国民の安全や利便を確保することは今後ますます求められていくものと思われる。
 本小委員会では平成28年度からの新たな研究テーマとして,岩盤斜面及び斜面対策工の点検・メンテナンス手法の高度化に取り組む予定である。点検やメンテナンスに関して,現状と課題,最近の施策の動向,新技術の開発状況,新たな知見などの情報を収集し取り纏めを行い,社会や会員への情報提供を引き続き行っていくものである。

活動期間

 2016年10月~

応募締切日

 2016年8月末日

応募方法

 本委員会に参加を希望される方は、 (1)氏名、(2)所属、(3)連絡先、(4)特に興味があるテーマなどを記入して下記宛にE-mailでお送り下さい。 
 送付頂いた内容を基に人数や分野のバランスを考慮して委員を選任させていただきます.場合によってはご参加いただけないこともありますので、あらかじめご了承ください。

連絡先

 緒方 健治
 中日本高速道路㈱ 技術・建設本部 技術支援部
 〒460-0003 名古屋市中区錦2-18-19 三井住友銀行名古屋ビル
 Tel :052-222-3678  Fax : 052-222-3576
 e-mail : k.ogata.aa@c-nexco.co.jp