岩盤力学関連事例研究小委員会

岩盤力学関連事例研究小委員会(平成28年度)


 昨今,岩盤力学による考え方を用い,技術の総力をあげて取り組むプロジェクトが少なくなってきたと言われている.その一方で「中央新幹線」の建設や「国際リニアコライダー」の我が国への誘致のように,岩盤力学をベースとした高度な技術の適用が不可欠な事例の検討も進みつつある.また,供用中の岩盤構造物に関する事故や災害といったように,過去に建造された構造物において,社会的に影響を及ぼす事象が発生している例も見受けられるなど,岩盤力学に対する社会のニーズは現在も十分に高い.
 しかしながら,近年は技術者の高齢化や,若年技術者の不足等の要因により技術の伝承が難しくなってきているとも評されている.岩盤力学の分野に関しても例外ではなく,これまでに培った技術・知識を維持していくことはもとより,過去に得られた知見の具体的な活用も含めて,さらに発展させていくことは喫緊の課題である.
 岩盤力学の知識が活用できる代表的な手法の例として以下の4つがあると考えられる.これらの体系化を図るとともに適用性を検証し,さらに応用技術として醸成していくことによって,適切な社会基盤の整備や運用へとつながる可能性がある.
① リスクの高い事象の発生を事前に予測・判断する手法
② 対象とする構造の挙動を経済的に的確に把握する手法
③ 予期せぬ事象の発生後に合理的な対応を決定する手法
④ 目的とする構造に対して適切にメンテナンスを行う手法
 本小委員会の設立の目的は,岩盤力学の知識を活用する必要がある社会や会員に対し,主に各組織の中堅の技術者・研究者によって,これまでの岩盤力学に基づく情報の発信が可能となる体制を整え,かつ,実際に発信していくことにある.具体的には,技術者等の意思疎通を通じて,主に上記の手法に関する事例を念頭に置いた文献・情報の収集,および分析等を実施し,初級から中級への橋渡しとなる岩盤力学の知見としてとりまとめるための活動を行うものである.

委員公募

 公募は終了しました。

活動状況

 平成28年度
 ・5月:   委員公募
 ・6月:   メンバー選考
 ・7月:   第1回の小委員会
         以降、2~3か月に1回のペースで開催

委員名簿

会務氏名所属
委員長砂金 伸治土木研究所
副委員長寺戸 秀和施工技術総合研究所
委員淡路 動太清水建設(株)
委員市川 晃央(株)竹中土木
委員伊藤 喜広東電設計(株)
委員大島 竜二東日本旅客鉄道(株)
委員小川 浩司応用地質(株)
委員河田 皓介オリエンタルコンサルタンツ(株)
委員木谷 努パシフィックコンサルタンツ(株)
委員日下 敦土木研究所
委員坂井 一雄大成建設(株)
委員清水 尚志東日本高速道路(株)
委員藤岡 大輔(株)大林組
委員法橋 亮戸田建設(株)
委員村上 浩次鹿島建設(株)
委員森山 哲朗サンコーコンサルタント(株)
委員安原 英明愛媛大学大学院
委員渡辺 尚基東京電力(株)

連絡先

 村上 浩次 koji-murakami@kajima.com