第3回岩盤力学イブニングセミナーのご案内

(公社)土木学会岩盤力学委員会では,岩盤・地盤の分野において注目される研究内容について情報を発信し,自由かつ気軽に議論できる場を提供するため,広く一般を対象とした「岩盤力学イブニングセミナー」を企画・開催しています.

第3回は,本年1月に開催されました第14回岩の力学国内シンポジウムで表彰された講演の中から2件の内容について,少し時間をかけてご講演いただくことを企画しております.

詳細については以下URLをご覧ください。

http://rock-jsce.org/index.php?Rock_Eve_Seminar_3rd

岩の力学オンライン講義勉強会(第1回)開催のお知らせ

岩盤力学委員会では、岩盤力学に関する教育の機会が大学で減少している現状を鑑み、将来の岩盤力学分野を担う大学の学生や若い技術者らを対象とした啓蒙活動を行います。その一環として、国際岩の力学会(ISRM)が提供する岩の力学に関するオンライン講義の勉強会を企画しました。歴代の国際岩の力学会会長ら著名な研究者による岩の力学に関する講義が、20132月以来、現在までに17Web上で公開され、貴重な学習機会を提供しています。英語による講義ですが、講義の前に司会による解説を行って、理解を補助します。また、聴講終了後に討議を行い、理解を深めます。海外の包括的な研究に触れる貴重な機会であり、国際化の一歩を共に踏み出しましょう。

詳細は以下のページをご覧ください。

http://rock-jsce.org/index.php?online_lecture_1

第45回岩盤力学に関するシンポジウム講演募集のご案内

第45回岩盤力学に関するシンポジウムのホームページを開設しました.7月1日より概要応募の受付を開始いたします.奮ってご応募ください.

http://www.rock-jsce.org/index.php?45th_RM_Sympo

土木学会岩盤力学委員会からのお知らせ

これまでのアンケートに寄せられた要望へ答えるかたちで,第45回岩盤力学に関するシンポジウムはプログラム構成を大きく変更いたします。
【変更1】発表時間を長くします
より詳しく説明できるように発表時間が短く詳しく説明することが出来ないとの要望に応えて,発表時間をこれまでの12分から15分へと変更します。

【変更2】同時刻2セッションでの開催です
興味あるセッションが重なっていて聴講できないとの要望に応えて,これまで同時刻に3セッションを開催していたのを,2セッションへと変更します。

【変更3】シンポジウムは3日間の開催となります
同時刻2セッション開催と発表時間の延長にともない,開催期間をこれまでの2日間から3日間へと延長します。

【変更4】 ポスター発表が変わります
これまでのポスター発表を廃止し,口頭発表に応募された論文の中から優れたものについて,口頭とポスターでの発表を依頼します。また,これまで通り,口頭発表およびポスター発表の優れたものを表彰いたします。

「R. Ulusay教授,H. Kumsar教授による特別講演会」 開催のご案内(京都会場3/17、東京会場3/22)

この度,トルコ国よりUlusay教授とKumsar教授が来日される機会があり,先生方のご厚意により,日本の技術者に向けて,下記の通り,京都と東京の2箇所で講演会を開催していただけることになりました.

Ulusay教授は、ISRMにおいて岩石・岩盤の調査試験法の国際標準化に取り組まれており,最新の技術動向と将来のあるべき姿についてご講演いただけき,Kumsar教授からは,斜面の地すべり挙動の計測と解析手法についての話題でご講演いただける予定です.

一般からのご参加も広く受け付けておりますので,世界の動きにご興味のある方は,是非足をお運びください.

京都と東京の2つの会場で同じ内容の講演に参加することができます.以下,両会場での案内を掲載いたします.

詳細については以下のページをご覧ください.

http://www.rock-jsce.org/index.php?special_lecture_1

ご案内:岩盤力学イブニングセミナー(第2回,3/10)「岩盤力学が支える素粒子物理学の最先端研究」

土木学会(岩盤力学委員会)では、岩盤・地盤の分野において注目される研究内容について情報を発信し、自由かつ気軽に議論できる場を提供するため、本年度(平成28年度)からの新しい試みとして、広く一般を対象とした「岩盤力学イブニングセミナー」を企画・開催しています.今回は、東京での2回目の開催(関西と合わせると4回目)となります.

今回のセミナーは、「岩盤力学が支える素粒子物理学の最先端研究」と題して、高エネルギー加速器研究機構の宮原様から「国際リニアコライダー計画」について、また、東京大学宇宙線研究所の田中先生から「ハイパーカミオカンデ」のプロジェクトに関する最新の情報について、それぞれ話題のご提供をいただけます.

詳細は以下をご覧ください.

 

http://www.rock-jsce.org/index.php?Rock_Eve_Seminar_2nd

ご案内:平成28年度 第8回GIS基礎技術研究会(講演会)

第8回GIS(地理情報システム)基礎技術研究会を下記のとおり催しますので,興味のある方はご参集下さい。なお、今回の講演は広く関係学会関係者を含めて無料で開催されます。GIS基礎技術研究会の会員以外の方でもご参加できます。

詳細は以下のページをご覧ください。

http://rock-jsce.org/index.php?8th_gis

 

ご案内:第2回関西岩盤・地盤イブニングセミナー(12/9)

土木学会岩盤力学委員会では、大学の学生や若手研究者が岩盤・地盤の分野において
注目される研究内容について自由かつ気軽に議論できる場を提供するため、平成28年度
からの新しい試みとして、広く一般を対象とした「イブニングセミナー」を企画・開催
しています.今回は関西での2回目の開催となります.

今回の話題は、小山先生(関西大学)による研究成果に関する話題と、岩盤力学委員会
からの熊本地震における被害状況に関する報告を行います。
このうち、熊本地震被害に関する2件の内容は、先に東京で行われたセミナー(9/29)に
おいて報告されたものと同じ内容ですが、講演者自身が被害箇所に入って取材した大変
貴重で興味深い内容となっており、是非とも関西方面の方々にも聴講いただければと思
い、今回の関西セミナーの企画に入れていただくこととしました。

一般からの参加も広く受け付けておりますので、ご興味のある方は、是非とも足をお運
びください。先般の東京セミナーでの講演を聞き逃してしまった方も、是非この機会に
どうぞ。

参加希望の方は、土木学会行事参加申し込みからお申し込みください(12/7まで)。
詳細は、以下のリンクから。

http://www.rock-jsce.org/index.php?Kansai_Eve_Seminar_2nd

 

ご案内:岩盤力学イブニングセミナー(第1回)「熊本地震における岩盤構造物の被害状況報告」

岩盤力学委員会では、大学の学生や若手研究者が岩盤・地盤の分野において最近注目される研究内容について自由かつ気軽に議論できる場を提供するため、平成28年度から新しい試みとして広く一般を対象とした「イブニングセミナー」を開催することにしました。今回は、その第2弾として「岩盤力学イブニングセミナー(第1回)」を開催いたします。

熊本地震において発生した被害の中で、岩盤力学委員会の委員が直接被災地に入って岩盤構造物に着目して被災状況を調査した結果を報告し、岩盤構造物の今後の耐震設計のあり方について考えたいと思います。

詳細はこちら

http://www.rock-jsce.org/index.php?Rock_Eve_Seminar_1st

「岩盤動力学に関する研究小委員会(2016年~)」委員公募

土木学会岩盤力学委員会では、以下の研究小委員会に参加いただける方を募集いたしますので、奮ってご応募いただくようご案内いたします。詳しくは以下のページをご覧ください。

「岩盤動力学に関する研究小委員会(2016年~)」委員公募

次のページ →