第47回岩盤力学に関するシンポジウム 自由投稿論文の募集

(公社)土木学会 岩盤力学委員会では,岩盤工学および岩盤力学に関する最新の調査研究,技術の成果,実際上の諸問題などの発表の場を広く提供するため,「岩盤力学に関するシンポジウム」を開催しております.今年度の「第47回岩盤力学に関するシンポジウム」では昨年に引き続き,自由投稿論文を募集いたします.奮って講演をご応募ください.


<シンポジウム開催案内>
●主催: (公社)土木学会(担当:岩盤力学委員会)
●共催(予定): (一社)岩の力学連合会,(一社)資源・素材学会,(公社)地盤工学会,(公社)日本材料学会
●期日: 2020年1月9日(木),10日(金),11日(土)
●場所: 土木会館
●内容(予定): 特別講演,岩盤斜面研究小委員会特別セッション,岩盤動力学に関する研究小委員会特別セッション,岩盤力学関連事例研究小委員会特別セッション,口頭発表,ポスターセッション
<講演募集案内>
●主旨: 自由投稿論文とは「まだ最終的な結論までには至っていない研究」「課題があり,まだ論文としてはまとまっていない研究」「新しく取り組み始めた研究」「調査・施工報告などの貴重な報告」などを対象として従来とは異なる形式の論文として扱い,募集を行うものです.そのため,査読を行うことなく,自由に研究内容の報告,紹介を行う場を岩盤力学シンポジウムの中に自由討議セッションとして設け,発表をいただくことにしています.広く公の場で皆さんと討議し,今後の研究に活かしてもらいたいという主旨になります.若手研究者,技術者の方々の積極的な応募をお待ちしております.
●募集分野: 岩盤工学および岩盤力学に関して,特色ある調査・設計・施工・現場計測・維持管理などについて,新しい技術的知見を含み工学的に価値のある研究や提案,事例報告を幅広く受付けます.講演原稿は,原則として未発表のものに限ります.
●発表形式: 口頭発表のみ,となります.
●応募方法: 講演論文の応募者は,岩盤力学に関するシンポジウムのホームページに掲載されたページ(以下のURL)より,①タイトル,②著者名・連絡先,③概要(400字以内),④希望発表セッションを,所定の期日までに登録してください.申込はインターネットによる電子申込のみとします.
自由投稿論文応募ページ:http://committees.jsce.or.jp/rm04/node/11
●概要受付開始: 2019年9月9日(月)
●概要応募締切: 2019年9月30日(月)
●原稿書式: 原稿はA4版,2段組で2~6ページとします(詳細は応募ページのテンプレートをご参照ください).PDF形式の原稿をインターネットで電子提出していただきます.
●原稿提出締切: 2019年11月1日(金)
●問合先: 土木学会 岩盤力学委員会 岩盤力学に関するシンポジウム事務局
E-mail:rm-sympo@jsce.or.jp
●詳細: http://www.rock-jsce.org/index.php?47th_RM_Sympo

第9回岩盤力学イブニングセミナーのご案内

(公社)土木学会岩盤力学委員会では,岩盤・地盤の分野において注目される研究内容について情報を発信し,自由かつ気軽に議論できる場を提供するため,広く一般を対象とした「岩盤力学イブニングセミナー」を企画・開催しています.
第9回は,石油備蓄基地における岩盤計測と八ッ場ダムの施工に関する講演を予定しております.土木学会Webから登録の上,お気軽にご参加ください.


行事名:第9回岩盤力学イブニングセミナー
(http://rock-jsce.org/index.php?Rock_Eve_Seminar_9th)
日 時:2019年10月16日(水) 16:00 ~ 17:50
場 所:土木学会講堂
主 催:(公社)土木学会 岩盤力学委員会
参加費:無料
定 員:100名
CPDプログラム:1.5単位
参加申込:土木学会HP行事参加申込(下記URL)からご登録ください.
(10月10日(火)事前申込締切)
http://www.jsce.or.jp/event/
当日,空席があれば,受付で名簿記入にて参加できます.

講演プログラム:
16:00~16:05 開会挨拶 岩盤力学委員会 委員長 西本 吉伸
16:05~16:50 話題1
地下石油備蓄基地の施設概要と各種計測について
日本地下石油備蓄株式会社 串木野事務所 岩盤技術課長 山下 貢
16:50~17:00 休憩

17:00~17:45 話題2
八ッ場ダムの施工と技術開発について(仮題)
清水建設株式会社 土木総本部 土木技術本部 ダム統括部 主査 長谷川 悦央
17:45~17:50 閉会挨拶 岩盤力学委員会 副委員長 砂金 伸治
以上

第47回岩盤力学に関するシンポジウム開催のご案内と講演の募集

(公社)土木学会・岩盤力学委員会では,岩盤工学および岩盤力学に関する最新の調査研究,技術の成果,実際上の諸問題などの発表の場を広く提供するため,「岩盤力学に関するシンポジウム」を開催しております.今年度は,下記の通り「第47回岩盤力学に関するシンポジウム」を開催いたします.奮って講演をご応募ください.

<シンポジウム開催案内>
●主催: (公社)土木学会(担当:岩盤力学委員会)
●共催(予定): (一社)岩の力学連合会,(一社)資源・素材学会,(公社)地盤工学会,(公社)日本材料学会
●期日: 2020年1月9日(木)、10日(金)、11日(土)
※3日間の開催予定ですが,セッション構成等により開催期間が2020年1月9日(木)と10日(金)の2日間となる場合もあります.
●場所: 土木会館
●内容(予定): 特別講演,岩盤斜面研究小委員会特別セッション,岩盤動力学に関する研究小委員会特別セッション,岩盤力学関連事例研究小委員会特別セッション,口頭発表,ポスターセッション
<講演募集案内>
●募集分野: 岩盤工学および岩盤力学に関して,特色ある調査・設計・施工・現場計測・維持管理などについて,新しい技術的知見を含み工学的に価値のある研究や提案,事例報告を幅広く受付けます.講演原稿は,原則として未発表のものに限ります.
●発表形式: ①口頭発表,②ポスター発表が選べます.概要応募時に希望する発表形式をご選択ください.口頭+ポスターの募集はいたしません.ただし,ポスター発表の希望者が少ない場合のみ,口頭発表に応募された論文の中から優れたものについて,口頭とポスターでの発表を依頼します.なお,講演およびポスターの優れたものを表彰いたします.
●応募方法: 応募者は,岩盤力学に関するシンポジウムのホームページ(以下のURL)より,①タイトル,②著者名・連絡先,③概要(400字以内),④希望発表セッション,⑤希望発表形式を,所定の期日までに登録してください.申込はインターネットによる電子申込のみとします.
岩盤力学に関するシンポジウムホームページ:http://www.rock-jsce.org/index.php?47th_RM_Sympo
●概要受付開始: 2019年7月1日(月)
●概要応募締切: 2019年7月26日(金)
●原稿書式: 原稿はA4版,2段組で4~6ページとします.PDF形式の原稿をインターネットで電子提出していただきます.
●原稿提出締切: 2019年9月20日(金)
●問合先: 土木学会 岩盤力学委員会 岩盤力学に関するシンポジウム事務局
E-mail:rm-sympo@jsce.or.jp
●詳細: http://www.rock-jsce.org/index.php?47th_RM_Sympo

岩盤斜面研究小委員会(第三期)委員公募のお知らせ

(公社)土木学会岩盤力学委員会では,以下の研究小委員会に参加いただける方を募集いたしますので,奮ってご応募いただくようご案内いたします.

1. 小委員会名称
岩盤斜面研究小委員会(第三期)

2. 研究課題
斜面の点検・メンテナンス手法の高度化
岩盤のモデル化や解析のために必要な崩壊箇所の物性値や挙動データの蓄積

3. 設置趣旨
 層雲峡(1987)・越前海岸(1989)・豊浜トンネル(1996)・上高地(2009)などのように,岩盤斜面の崩落や落石は尊い人命を奪ったり,道路や鉄道が長期間にわたって不通となったりするなど,社会に大きな影響を与えることが多い.また,2018年7月豪雨では,多くの斜面崩壊,岩盤斜面の崩落が発生した.土木学会では,従前から岩盤斜面の崩落問題に取り組んでおり,大規模岩盤崩落に関する技術検討委員会報告書(1997),研究小委員会による出版物(1999)や活動報告書(2004,2006)などをとりまとめてきた.
 平成25年に岩盤力学委員会に岩盤斜面研究小委員会を設置し,岩盤斜面が抱える問題点や課題について議論を重ねてきた.研究小委員会では,以下の点を解決することにより,斜面災害を軽減し国民の安全を確保することが求められている.
① 膨大な岩盤斜面の中から危険性の高い斜面を抽出する手法の確立
② 抽出した斜面の安定性を評価する手法や技術の精度向上
③ 岩盤の挙動を安価で的確に把握するモニタリングシステムの開発
④ 岩盤のモデル化や解析のために必要な崩壊箇所の物性値や挙動データの蓄積
⑤ リスクマネジメントによる合理的な対策工の決定方法
⑥ 斜面の点検・メンテナンス手法の高度化
 本小委員会は,常設の研究小委員会として発足し,岩盤斜面に関する知見や研究成果を継続的にとりまとめ,社会や会員へ迅速に提供・発信できる体制を整えていくことを目指している.第I期では,上記①及び②について取組み,文献の収集,崩壊・落石の事例収集,既往の落石実験や斜面モニタリング結果の分析・検討などを実施することによって,岩盤斜面の安定性評価のガイドラインを土木学会として提言できるよう活動してきた.第Ⅱ期では,⑥について議論・研究がなされてきた.第Ⅲ期では,「斜面の点検・メンテナンス手法の高度化」と「岩盤のモデル化や解析のために必要な崩壊箇所の物性値や挙動データの蓄積と数値解析」の二つのWGで構成する.「斜面の点検・メンテナンス手法の高度化」WGでは,第Ⅱ期で不十分であった点について議論を深める,斜面の点検・メンテナンスのガイドラインの提言を行う.また,「岩盤のモデル化や解析のために必要な崩壊箇所の物性値や挙動データの蓄積と数値解析」WGでは,崩壊箇所の物性値や挙動データの蓄積を行い,併せてそれによって得られた情報を基に数値解析を実施し,斜面の安定性に関する検討を実施する.

4. 小委員長候補者
岸田 潔(京都大学)

5. 公募する委員数
15名程度

6. 委員候補者
緒方 健治(NEXCO中日本),小山 倫史(関西大学),中島伸一郎(山口大学)

7. 活動開始時期
2019年10月

8. 活動期間
2年

9. 応募方法
 本小委員会に参加を希望される方は,(1) 氏名,(2) 所属,(3) 連絡先,(4) 特に興味のあるテーマなどを記入して,下記宛にE-mailでお送りください.送付いただいた内容をもとに,人数や分野のバランスを考慮して委員を選任いたします.

10. 応募先および連絡先
中島 伸一郎
山口大学大学院創成科学研究科
〒755-8611 山口県宇部市常盤台2-16-1
Tel.: 0836-85-9334, Fax: 0836-85-9301
e-mail : nakasima(at)yamaguchi-u.ac.jp((at)を@に変更ください.)

第8回岩盤力学イブニングセミナーのご案内

(公社)土木学会岩盤力学委員会では,岩盤・地盤の分野において注目される研究内容について情報を発信し,自由かつ気軽に議論できる場を提供するため,広く一般を対象とした「岩盤力学イブニングセミナー」を企画・開催しています.
第8回は,不連続体変形法に関する先端研究紹介と不良地山のトンネル施工事例紹介を予定しております.土木学会Webから登録の上,お気軽にご参加ください.
詳しくは以下のURLをご覧ください.
http://rock-jsce.org/index.php?Rock_Eve_Seminar_8th

岩盤動力学に関する研究小委員会(第3期)委員公募のお知らせ

 上記の委員会の委員の募集を行います。 本委員会の設立の目的は、これまでの第1期,第2期の活動に引き続いて、地震時の岩盤構造物の挙動を数値解析及び実験等から明らかにするとともに、1) 発破の動的取扱い,2) 衝撃現象,3) 非破壊計測法(支保部材,トンネルの切羽における振動計測など),4) 山跳現象などの地震以外のものについても岩盤動力学的視点からの整理を行いたいと考えています。
 岩盤の動的な挙動について興味を持たれる方々の幅広い参加をお待ちしております。 詳しくは以下をご覧ください。
http://www.rock-jsce.org/index.php?go=lObT68

岩盤力学関連事例研究小委員会(第2期) 委員公募のお知らせ

標記委員会の委員の募集を行います。 本委員会の設立の目的は、前身(以下,第1期)の活動に引き続いて、各組織の中堅の技術者・研究者によって、岩盤力学の知識・技術の活用を必要とする社会や会員に対し、情報を発信すること、またそのための体制を整えることです。 第1期で取り上げたこれまでの岩盤力学に関する事例の収集および分析の範囲をさらに拡大する活動を通じて、次世代を担う中級・初級技術者への技術の橋渡しも行いたいと考えています。 研究者、発注者、企業者、そして、設計、施工、調査、維持管理、その他各分野における中堅技術者の方々の幅広い参加をお待ちしております。

詳しくは以下をご覧ください。

http://rock-jsce.org/index.php?jirei_offering_2019

第7回岩盤力学イブニングセミナーのご案内

(公社)土木学会岩盤力学委員会では,岩盤・地盤の分野において注目される研究内容について情報を発信し,自由かつ気軽に議論できる場を提供するため,広く一般を対象とした「岩盤力学イブニングセミナー」を企画・開催しています.
第7回は,3月19日にダム再開発事業と変位計測の最先端技術の紹介を予定しております.土木学会Webから登録の上,お気軽にご参加ください.

詳細は以下をご覧ください。

セミナーWebページ http://rock-jsce.org/index.php?Rock_Eve_Seminar_7th

参加申込 http://www.jsce.or.jp/event/active/information.asp

第6回岩盤力学イブニングセミナーのご案内

(公社)土木学会岩盤力学委員会では,岩盤・地盤の分野において注目される研究内容について情報を発信し,自由かつ気軽に議論できる場を提供するため,広く一般を対象とした「岩盤力学イブニングセミナー」を企画・開催しています.
第6回は,2018年10月10日に下記のような内容で開催いたします.土木学会Webから登録の上,お気軽にご参加ください.

話題1

工業用内視鏡による切羽前方調査技術(Dri スコープ)の開発

戸田建設株式会社 技術開発センター 関根 一郎

話題2

ラオス ナムニアップ1水力プロジェクト

関西電力株式会社 水力事業本部 小坂 馨太

 

詳細は以下をご覧ください。

セミナーWebページ http://rock-jsce.org/index.php?Rock_Eve_Seminar_6th

参加申込 http://www.jsce.or.jp/event/active/information.asp

第46回岩盤力学に関するシンポジウム講演募集のご案内

第46回岩盤力学に関するシンポジウムのホームページを開設しました.7月1日より概要応募の受付を開始しております.奮ってご応募ください.

今年度は,2019年1月12日,13日の2日間, 岩手大学・理工学部キャンパスにて開催いたします.各界の技術者,研究者,学生などの多数の参加をお待ちしております.

詳細は以下をご覧ください。

http://www.rock-jsce.org/index.php?46th_RM_Sympo

次のページ →