土木学会岩盤力学委員会からのお知らせ

これまでのアンケートに寄せられた要望へ答えるかたちで,第45回岩盤力学に関するシンポジウムはプログラム構成を大きく変更いたします。
【変更1】発表時間を長くします
より詳しく説明できるように発表時間が短く詳しく説明することが出来ないとの要望に応えて,発表時間をこれまでの12分から15分へと変更します。

【変更2】同時刻2セッションでの開催です
興味あるセッションが重なっていて聴講できないとの要望に応えて,これまで同時刻に3セッションを開催していたのを,2セッションへと変更します。

【変更3】シンポジウムは3日間の開催となります
同時刻2セッション開催と発表時間の延長にともない,開催期間をこれまでの2日間から3日間へと延長します。

【変更4】 ポスター発表が変わります
これまでのポスター発表を廃止し,口頭発表に応募された論文の中から優れたものについて,口頭とポスターでの発表を依頼します。また,これまで通り,口頭発表およびポスター発表の優れたものを表彰いたします。

コメント

コメントする