FrontPage

ILC施設計画評価小委員会

(Evaluation subcommittee for ILC civil engineering facility in Tohoku)


 素粒子物理学の次世代研究施設である国際リニアコライダー計画(以下「ILC計画」)については、ILC研究者が2013年に技術設計書を公開した後、国内では高エネルギー加速器研究機構(以下「KEK」)が中核となって国際共同作業により検討が進められている。他方、大規模な地下工事を伴うILC計画では、地形や地質等の計画地点に固有な条件を考慮することが不可欠であることから、立地候補地である東北地域での検討においては東北ILC推進協議会が中心となって地点調査や概念設計等を自主的に進めてきた。

 その結果、現在ではILC設備の仕様や施設等の概要が概ね確定する状況となった。そこで、東北ILC推進協議会は、国際的に検討が進められている仕様等に地点の固有条件を反映した施設計画案(東北版ILC施設計画)をKEKと共に策定することとなった。

 そして、ILC施設は大規模な地下工事を伴うことから、策定された東北版ILC施設計画の岩盤力学的な視点での成立性を(公社)土木学会岩盤力学委員会が評価することとなり、岩盤力学委員会の下に「ILC施設計画評価小委員会」が設置された。評価作業を担う当小委員会は岩盤力学・工学に関する様々な分野の研究者から構成されたオール・ジャパン体制とするため,委員は土木学会が組織母体の一つとして参画している岩の力学連合会を中心に選考された。

活動状況

令和元年度
・第1回小委員会:令和元年 7月30日 主婦会館プラザエフ
・第2回小委員会:令和元年 8月30日 土木学会 会議室
・第3回小委員会:令和元年11月11日 主婦会館プラザエフ
・現地視察:   令和元年11月27日 北上山地
・第4回小委員会:令和元年12月19日 土木学会 講堂
・第5回小委員会:令和 2年 2月20日 土木学会 講堂

活動成果

  • 評価結果の公開
    「東北ILC施設計画」に関する当小委員会の評価結果を公開しました。
  • 評価結果はfileこちら
  • 東北ILC施設計画はこちらから参照できます。

委員名簿

役職 氏名 所属
委員長 大西 有三 京都大学
幹事長 京谷 孝史 東北大学
幹事 佐貫 智行 東北大学
幹事 照沼 信浩 高エネルギー加速器研究機構
委員 児玉 淳一 北海道大学
委員 清木 隆文 宇都宮大学
委員 長田 昌彦 埼玉大学
委員 徳永 朋祥 東京大学
委員 岸田 潔 京都大学
委員 小山 倫史 関西大学
委員 芥川 真一 神戸大学
委員 安原 英明 愛媛大学
委員 三谷 泰浩 九州大学
委員 尾原 祐三 熊本大学
委員 伊藤 高敏 岩の力学連合会理事長
委員 西本 吉伸 岩盤力学委員会委員長
委員 山下 了 東京大学
委員 道園 真一郎 高エネルギー加速器研究機構

a:4460 t:2 y:5